ROUTE45

“Life is Once”  国道45号線から送る言葉の探求・黙示録 -Ver.2016- blogram投票ボタン

May 2009

【Game Report】  J2 2009 18th. : Ehime FC 0 vs 3 Yokohama FC

【参照記事】
/J's GOAL
【J2:第18節 愛媛 vs 横浜FC】レポート:第1クールの雪辱を期し、若手が勢いをもたらした横浜FCが愛媛の4連勝を阻止して幸先のいいリスタートを切る。(09.05.31)

/J.League
[ 5/28(木)、30(土)J2リーグ戦:第18節 試合総括 ] 湘南が得失点差で首位に返り咲く。横浜FCは9試合ぶりの白星。


最も過酷なリーグ戦は第2クールへ。

各チーム共、第1クールで浮き彫りとなった課題を修正しつつ、上位は昇格圏内へ足場を固め、中位は上位進出の為に、下位は巻き返しを図るべく牙を剥き始める。

更に、体力浪費の激しい夏場を如何に乗り切っていくのかが最大の鍵となってくる。


第1クールは僅か1勝しか出来ず、苦難と屈辱のスタートとなった横浜FC。

今までの過程を見直し、積み上げてきた経験を活かし、改めて再スタートを切るべく、強い精神力と気持ちの切り替えが重要となる第2クール初戦。

アタッキングサードでのチャンスメイクやゴールに繋がるプレー。セカンドボールを拾ったり、サイドチェンジを有効に活用したりなど、第1クールでは鳴りを潜めた攻撃の連動性が展開され、また試合の主導権を終始握り、内容でも愛媛を圧倒した。

GK大久保択生、FW西田剛、MF久富賢と言った若い選手が活躍し、チームに勢いを齎したのは言うまでもないだろう。

しかしながら、これで長いトンネルから脱した訳ではない。

第1クールでは苦しみながらも、積み上げてきた経験を結果に結び付け、大きなミスも無く、無失点。更に、今季最多3得点を上げた第2クール初戦。

このリスタートは最高であり、非常に大きい価値となる。

第18節vs愛媛を含み、第19節vs福岡、第20節vs熊本と、1週間で開催される3連戦。

愛媛戦での価値を活かし、今後の巻き返しを図っていく為にも、残り2試合でも「結果」と「内容」に拘っていきたい。



【2009 J2 第18節】 : 愛媛 0 vs 3 横浜FC

【参照記事】
/J.League
公式記録 2009Jリーグ ディビジョン2 第18節第2日: 愛媛 0 vs 3 横浜FC

/J's GOAL
Game Summary:2009 J2 第18節 愛媛 vs 横浜FC(ニンスタ)
【J2:第18節 愛媛 vs 横浜FC】プレビュー:3連勝中の愛媛も、8試合勝利がない横浜FCも常に崖っぷちに立たされている。だからこそ、第2クールも前進あるのみ。
【J2:第18節 愛媛 vs 横浜FC】ハーフタイムコメント
【J2:第18節 愛媛 vs 横浜FC】望月一仁監督(愛媛)記者会見コメント
【J2:第18節 愛媛 vs 横浜FC】樋口靖洋監督(横浜FC)記者会見コメント
【J2:第18節 愛媛 vs 横浜FC】試合終了後の各選手コメント
試合詳細データ:2009 J2 第18節 愛媛 vs 横浜FC
【J2:第18節 愛媛 vs 横浜FC】レポート:第1クールの雪辱を期し、若手が勢いをもたらした横浜FCが愛媛の4連勝を阻止して幸先のいいリスタートを切る。



【2009 J2 第18節】:愛媛 0vs3 横浜FC
【得点】愛媛:
    横浜FC:9分 FW 18 西田 剛
        61分 FW 9 池元 友樹
        87分 FW 20 御給 匠
【交代】愛媛:70分 DF 15 松下 幸平→MF 6 田森 大己
       70分 FW 9 ジョジマール→FW 11 田中 俊也
       83分 MF 17 大山 俊輔→MF 7 千島 徹
    横浜FC:66分 MF 8 小野 智吉→MF 25 須藤 右介
        81分 FW 9 池元 友樹→MF 27 久富 賢
 77分 MF 5 八角 剛史→FW 20 御給 匠
【警告】愛媛:63分 FW 8 内村 圭宏/85分 FW 8 内村 圭宏
    横浜FC:35分 DF 3 八田 康介
【退場】愛媛:85分 FW 8 内村 圭宏



≪愛媛:4-2-2-2≫
----ジョジマール--内村------
------------------
--横谷----------大山--
------------------
------青野--赤井------
------------------
--松下--金守--柴小屋-関根--
--------山本--------
Starting Member.
GK:21 山本 浩正
DF:13 関根 永悟/2 柴小屋 雄一/3 金守 智哉/15 松下 幸平
MF:16 赤井 秀一/27 青野 大介/17 大山 俊輔/22 横谷 繁
FW:8 内村 圭宏/9 ジョジマール
Reserve. GK:35 兼田 亜季重/DF:23 吉川 健太/MF:6 田森 大己/7 千島 徹/FW:11 田中 俊也


≪横浜FC:4-2-2-2≫
------西田--池元------
------------------
--片山----------小野--
------------------
-----鄭容臺--八角------
------------------
--吉田--早川--八田--田中--
-------大久保--------
Starting Member.
GK:21 大久保 択生
DF:14 田中 輝和/3 八田 康介/2 早川 知伸/6 吉田 正樹
MF:5 八角 剛史/29 鄭容臺/8 小野 智吉/13 片山 奨典
FW:9 池元 友樹/18 西田 剛
Reserve. GK:1 小山 健二/DF:7 吉本 岳史/MF:25 須藤 右介/27 久富 賢/FW:20 御給 匠



ロゴ

面白そうなネタがあったので、思わず。


39a9cb99.jpg



74a404fe.jpg



某漫画風のロゴが作成出来るフラッシュジェネレーター。


“route45”と“横浜FC”の2バージョン作成。


加工が一番の難問だったが、やってみると2~3分程度で。


しかし、夜更けなのに、何をやっているのだろうかと...。(苦笑)


今日も仕事なので、これにて。



【J2 2009】第18節 愛媛vs横浜FC “スタメン予想・横浜FC編”

【参照記事】
/J's GOAL
【J2:第18節 愛媛 vs 横浜FC】プレビュー:3連勝中の愛媛も、8試合勝利がない横浜FCも常に崖っぷちに立たされている。だからこそ、第2クールも前進あるのみ。(09.05.29)

/J.League
[ 5/30(土)J2リーグ戦:第18節 熊本 vs 鳥栖 プレビュー ] 九州ダービーで二巡目の幕開け。プライドをかけた好試合に期待。



【横浜FC編】
苦難と屈辱の第1クール。

「1勝12敗4分」。

開幕3連敗と過去最低の開幕スタートとなり、前半8戦未勝利。第9節vs水戸で1勝を上げるが、その後も6連敗を含む8戦未勝利。

浮上のキッカケを見出せず、掴む事もままならない。

GK大久保択生、FW西田剛、中野裕太ら若い選手が出番を徐々に増やし、経験も積んできた。

あとは、ベテラン勢との融合を図っていくのか。それとも、若い選手を積極的に起用し、成長と進化を促すのか。

第2クール以降を巻き返していくにも、一つの劇薬となる特効薬が欲しい。


≪SYSTEM:4-2-2-2≫
------池元--西田------
------------------
--小野----------根占--
------------------
-----鄭容臺--八角------
------------------
--片山--早川--八田--田中--
-------大久保--------


前節vs仙台にて、“4-2-2-2”から“4-2-3-1(or4-4-1-1)”へシステムを変更。

前半45分までは良かったが、DF戸川健太が負傷退場後はバランスを崩し、急造の最終ラインでは対処しきれず、スコアは1vs2と1点差ながらも、内容は完敗と言った処か。

その後の情報が一斉出てこないので何とも言えないが、一部情報によると「骨折の疑い」もあるとの事なので、大事を取って、今節は欠場が濃厚。

代役にはDF八田康介、吉本岳史のどちらかを起用。2006シーズンの再現を狙って、MF鄭容臺を最終ラインに組み込む事も予想される。

中盤の編成も流動的。

MF鄭容臺、根占真伍、八角剛史、須藤右介、小野智吉、三浦淳宏、加藤大志で争う形になるが、守備重視で本職ボランチを起用するか。サイドの崩しを積極的に促す為にもサイドアタッカーを起用し、バランスを取ってくるのか。

メンバー編成が鍵となる。

最前線は、前節ベンチ外だったFW三浦知良の先発起用も考えられるが、予想ではFW池元友樹、西田剛の2TOPと読む。

前回の対戦(第6節)はスコアレスドロー。

愛媛は3連勝中だけに、チーム状態は非常に良いだろう。しかしながら、主力クラスに負傷者が続出しているだけに、万全の状態とは言い難い。

とは言え、代役の選手もこの機会を逃さずにスタメン奪取の為にも必死にアピールしてくるだろう。

J2史上、過去最大の過酷なシーズン。

第1クール終了から1週間。攻守に渡り、何処まで課題を修正出来たのか。

第2クール初戦。横浜FC、愛媛に関わらず、全チームにとって、非常に大事な一戦となる重要なポイントを迎える。



【J2 2009】第18節 愛媛vs横浜FC “スタメン予想・愛媛編”

【参照記事】
/J's GOAL
【J2:第17節 鳥栖 vs 愛媛】レポート:自分たちのスタイルを見つけた愛媛が粘り勝ち。フィニッシュが遠い鳥栖は、シュート16本でもノーゴール。第一クール最終試合で大きな違いを露呈。(09.05.25)

/J.League
[ 5/28(木)、30(土)J2リーグ戦:第18節 全体プレビュー ] リーグ戦は中盤戦へ突入。二巡目の対戦はますます激戦の予感。


【愛媛編】
各チーム共に、1巡目が終了し、上位と下位の差がはっきりと明暗を分けた。

リーグは中盤戦に突入。

上位は昇格争いに入り、勝利の取りこぼしなく、順当に、足元を固めていきたい。

下位は第1クールで浮き彫りとなった課題を修正し、巻き返しを図る。

激戦となるのか。それとも...。


≪SYSTEM:4-2-2-2≫
------田中--内村------
------------------
--横谷----------大山--
------------------
------青野--赤井------
------------------
--三上--金守--柴小屋-関根--
--------山本--------


メンバーに大きな変更は無いだろう。

しかし、FWジョジマールが左手第四中手骨骨折、DF高杉亮太が右ハムストリング肉離れと両者共に、全治4週間の診断を受けた。

28日の練習中に負傷し、DFアライールも右腓腹筋肉離れが発症し、全治6週間の診断を受け、離脱が判明。

ジョジマールに関してはプレーには支障が無いと思われるが、手だけに接触プレーには気を付けたい。この試合が欠場ならば、FW田中俊也、大木勉の起用が濃厚。

高杉は今季右SBのレギュラーだけに離脱は痛い。とは言え、DF関根永悟が穴を埋めており、遜色無く、活躍をしており、一定の成果を残しているのは心強い。

中盤は今季ほぼ不動とは言え、全体的に選手層が薄い事もあり、大きなケガで離脱すると一気にバランスを崩してしまう事も...。

現在、暫定9位と中位に着けているので、一歩抜け出す為にも、4連勝を狙い、着実に順位を上げていきたい。



サカつく6、始動!!

【参照記事】
サカつく.com/SEGA


一部情報によると、サカつくシリーズ最新作が始動したとの事。

題名は“J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 -Pride of J-”(仮称)。

オンラインや携帯機を除けば、前作“Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!5(2007年2月1日)”以来となる。

現在の情報だと、

  • 機種及び発売日、詳細未定
  • 移植やリメイクではない完全新作
  • コンセプトは本来の「サカつく」に立ち戻る
  • すべての面でパワーアップ
  • サッカー界の"いま"を感じ取れるイベントも多数導入予定

などなど。

久々に期待出来るか。

人其々だが個人的には、“サカつく2002”が過去最高傑作。



60年史

【参照記事】
広島東洋カープ60年史 HISTORY 1950-2009 B.B.MOOK 609 スポーツシリーズ No.482/(株)ベースボール・マガジン社


本日、書店で購入。

20090525-02


赤ヘル党としては、即決だったのは言うまでも無い。

リーグ優勝は1991年、日本シリーズは1984年から遠ざかっており、今やBクラス常連と1980年代の黄金期を知っているだけに寂しい限り。

ブラウン監督になってから、若手の育成も成果が出始め、中堅も軸になりつつもあるが、ベテラン勢と比べると若干見劣りするのが現状。

今季より新・広島市民球場(別名:MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)へ移転となっただけに、クライマックスシリーズへ進出に期待したい。



【Game Report】  J2 2009 17th. : Vegalta Sendai 2 vs 1 Yokohama FC

【参照記事】
/J's GOAL
【J2:第17節 仙台 vs 横浜FC】レポート:後半の入り方を改善した仙台が、横浜FCをじれずにいなした後の2得点で勝利。3試合ぶりの勝利で最初のクールを締めた。(09.05.24)

/J.League
[ 5/23(土)24(日)J2リーグ戦:第17節 試合総括 ] 上位4チームが勝利。「北関東ダービー」は水戸が逆転勝ち。


一向に立ち直る気配も無く、悪い流れのまま第2クールに突入する事となった。

現在、昇格争いに居る仙台を叩く事により、これまでの悪い流れを断ち切り、浮上のきっかけを掴むべく、“4-2-2-2”から“4-2-3-1(or4-4-1-1)”へシステムを変更。

シーズン開幕前にPSMなどで試行を重ねたシステム。

前節以前より攻守のバランスは取れ、ボールもパスも繋がるが、現状の問題点である「ゴールへ繋がる」プレーは鳴りを潜める。

また、守備に於ける選手と選手、選手とボールとの間合いが中途半端な為、相手に簡単にスペースと守備陣形を見る時間を与えてしまう事も非常に多い。

ゴール前、周辺と言う事もあって、不必要且つ不用意なファウルを避けたいと言う気持ちもあるのだが、あと一歩詰める積極性が欲しい。


第1クール17試合が終わり、1勝12敗4分。得点12、失点25。

>「細かい技術が出来る選手は多いが、大きな展開力を持つ選手が居ない。」(清水秀彦氏/仙台vs横浜FC 05.23 NHK仙台にて解説)

精神的に追い込まれている状況下に於いて、積極性が失われ、ミスを恐れる余り、プレーの幅が小さくなっているのも要因だろう。

また、パスを繋げ続けている間は良いのだが、アタッキングサードでの攻めに対するアイデアやゴールへ繋がるプレーも少ない。よって、この状況を打開出来ずに、ミスなどでボールを奪われ、勝利から見放される事も。

更に、サイドチェンジやオーバーラップ、中央に切れ込むなど思い切った攻めの積極性も少ない。

1人1人ではなく、チーム全体として、この状況に対する問題を今一度全部見つめ直し、立て直していく事が必要だ。

現状からの脱却には、まだまだ時間が掛かりそうだ。



【2009 J2 第17節】 : 仙台 2 vs 1 横浜FC

【参照記事】
/J.League
公式記録 2009Jリーグ ディビジョン2 第17節第1日: 仙台 2 vs 1 横浜FC

/J's GOAL
Game Summary:2009 J2 第17節 仙台 vs 横浜FC(福島)
【J2:第17節 仙台 vs 横浜FC】プレビュー:これまでの結果は大きく違えど、共に新クールに向けて「仕切り直し」としたい一戦。その舞台は福島県。
【J2:第17節 仙台 vs 横浜FC】ハーフタイムコメント
【J2:第17節 仙台 vs 横浜FC】手倉森誠監督(仙台)記者会見コメント
【J2:第17節 仙台 vs 横浜FC】樋口靖洋監督(横浜FC)記者会見コメント
【J2:第17節 仙台 vs 横浜FC】試合終了後の各選手コメント
試合詳細データ:2009 J2 第17節 仙台 vs 横浜FC
【J2:第17節 仙台 vs 横浜FC】レポート:後半の入り方を改善した仙台が、横浜FCをじれずにいなした後の2得点で勝利。3試合ぶりの勝利で最初のクールを締めた。



【2009 J2 第17節】:仙台 2vs1 横浜FC
【得点】仙台:58分 MF 10 梁勇基
       77分 FW 9 中原 貴之
    横浜FC:89分 Own Goal
【交代】仙台:59分 FW 18 マルセロ・ソアレス→FW 9 中原 貴之
       82分 DF 27 朴柱成→MF 23 田村 直也
       88分 MF 10 梁勇基→MF 20 西山 貴永
    横浜FC:45分 DF 4 戸川 健太→FW 18 西田 剛
        69分 MF 25 須藤 右介→MF 17 三浦 淳宏
 77分 FW 9 池元 友樹→MF 15 加藤 大志
【警告】
【退場】



≪仙台:4-2-2-2≫
----ソアレス--平瀬------
------------------
--梁勇基---------関口--
------------------
------斉藤--永井------
------------------
--朴柱成-渡辺-エリゼウ-菅井--
--------林---------
Starting Member.
GK:16 林 卓人
DF:25 菅井 直樹/6 エリゼウ/3 渡辺 広大/27 朴柱成
MF:8 永井 篤志/31 斉藤 大介/11 関口 訓充/10 梁勇基
FW:14 平瀬 智行/18 マルセロ・ソアレス
Reserve. GK:1 萩原 達郎/MF:7 千葉 直樹/23 田村 直也/FW:9 中原 貴之/20 西山 貴永


≪横浜FC:4-4-1-1≫
--------池元--------
------------------
--------根占--------
--片山----------須藤--
-----鄭容臺--八角------
------------------
--吉田--早川--戸川--田中--
-------大久保--------
Starting Member.
GK:21 大久保 択生
DF:14 田中 輝和/4 戸川 健太/2 早川 知伸/6 吉田 正樹
MF:5 八角 剛史/29 鄭容臺/25 須藤 右介/13 片山 奨典/24 根占 真伍
FW:9 池元 友樹
Reserve. GK:1 小山 健二/MF:8 小野 智吉/15 加藤 大志/17 三浦 淳宏/FW:18 西田 剛



【J2 2009】第17節 仙台vs横浜FC “スタメン予想・横浜FC編”

【参照記事】
/J's GOAL
【J2:第17節 仙台 vs 横浜FC】プレビュー:これまでの結果は大きく違えど、共に新クールに向けて「仕切り直し」としたい一戦。その舞台は福島県。(09.05.22)

/J.League
[ 5/23(土)、24(日)J2リーグ戦:第17節 全体プレビュー ] 5連勝に挑む首位のC大阪。栃木は「北関東ダービー」連勝を目指す。
[ 5/24(日)J2リーグ戦:第17節 札幌 vs 東京V プレビュー ] 安定感のある札幌の守備に、東京Vの好調なFW陣が挑む。


【横浜FC編】
前節vs岐阜にて、連敗を6で止め、久々に勝点を奪取とは言え、リードを追い付かれ、依然として苦境と苦難が続く。

第2クールに向け、今までの積み重ねを無駄にしない為にも次に繋げるプレーを展開したい。


≪SYSTEM:4-2-2-2≫
-----三浦知--中野------
------------------
--小野----------根占--
------------------
-----鄭容臺--八角------
------------------
--片山--早川--吉本--吉田--
-------大久保--------


ゴールが遠い。現在11得点とJ2最少。

プレーの精度や質を上げていき、ミスを減らしていかなければ、J2最少失点を維持している仙台守備陣を崩すのは容易にはいかない。

時折見せる中盤でのポゼッションによるゲーム支配などポテンシャルを持っているだけに、好不調の波を打ち消していきたい。

その為にも大胆且つ積極的なプレーを心掛け、また攻守に連動性を持たせたい。

2003年以来となる福島県営あづま陸上競技場。

過去は過去だが、過去から学ぶものは沢山ある。

これ以上同じ過ちを繰り返さない為にも、ミスを恐れず、挑戦的なプレーを突破口にし、この苦境を打破し、一変させ、反撃の狼煙を挙げていきたい。



blogram投票ボタン
Article Search
Comment
2016 Seazon SLOGAN
fight-together-282x300
RESPECT F.C. JAPAN
respect_logo
 JAPAN
yama (sonica8281) on Twitter
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
Tag Cloud
QR Code
QRコード

ジオターゲティング

ジオターゲティング


Firefox3 Meter
Chrome Counter
FMbanner
  • ライブドアブログ