ROUTE45

“Life is Once”  国道45号線から送る言葉の探求・黙示録 -Ver.2016- blogram投票ボタン

January 2014

2014シーズン、試合日程決定

【LINK】
/Yokohama FC
2014年1月31日 17時15分 2014シーズン 横浜FC試合日程決定のお知らせ


2014シーズンの試合日程が決定。


第3節までは、先日発表された通りに3月2日に愛媛を迎え、ホーム・三ツ沢で開幕戦。


そして、今季は11月23日にリーグ最終戦をホーム・三ツ沢で迎える。


日程、対戦相手も決まった。


今年こそは...。

yokohama j2 opening match

J3開幕カード決定

【LINK】
/J.League
J3リーグ公式サイト
2014年1月29日(水) 2014 明治安田生命 J3リーグ 開幕カード決定!
2014年1月29日(水) 【2014 明治安田生命 J3リーグ】Jリーグ・U−22選抜 監督およびユニフォーム決定

/Kawasaki Frontale
2014年01月29日(水) 高畠勉育成・普及部長「JリーグU-22選抜監督」就任のお知らせ


29日、今季2014シーズンより新設されたJ3リーグのサイトがオープンとなり、ホーム開幕カード及びJリーグ・U-22選抜の監督、ユニフォームも発表となった。

J3 logo

j3 openinig

ホーム開幕カードは以下の通り。
■3月9日(日)
FC町田ゼルビア vs 藤枝MYFC(町田市立陸上競技場)
Y.S.C.C vs ブラウブリッツ秋田(ニッパツ三ツ沢球技場)
SC相模原 vs ツエーゲン金沢(相模原ギオンスタジアム ※2014年3月1日(土)より、相模原麻溝公園競技場から改称)
ガイナーレ鳥取 vs グルージャ盛岡(とりぎんバードスタジアム)
AC長野パルセイロ vs 福島ユナイテッドFC(未定)
FC琉球 vs Jリーグ・U-22選抜(沖縄県総合運動公園陸上競技場)
■3月16日(日)
ツエーゲン金沢 vs ガイナーレ鳥取(沖縄県総合運動公園陸上競技場)
藤枝MYFC vs Jリーグ・U-22選抜(藤枝総合運動公園サッカー場)
福島ユナイテッドFC vs グルージャ盛岡(とうほう・みんなのスタジアム)
■3月23日(日)
グルージャ盛岡 vs Jリーグ・U-22選抜(盛岡南公園球技場)
ブラウブリッツ秋田 vs 福島ユナイテッドFC(秋田市八橋運動公園球技場)


また、Jリーグ・U-22選抜の監督には高畠勉氏(現:川崎フロンターレ育成・普及部長/U-18日本代表アシスタントコーチ/U-17日本代表コーチ)の就任が決定した。

川崎の前身である富士通時代からの生え抜き選手であり、フロンターレ創設時からコーチなど指導者へ。2008年と2010年にはトップチームの監督を歴任した。

emb-j22flag








残すはU-22選抜選手の発表を残すのみだが、早くても2月上旬に発表となるか。

横浜M FW大黒将志、京都サンガへ期限付き移籍加入内定

【LINK】
/Kyoto Sanga
大黒将志選手 期限付き移籍加入内定のお知らせ[1.29]


横浜マリノスから杭州緑城足球倶楽部(中国サッカースーパーリーグ)へ期限付き移籍していたFW大黒将志が京都サンガへ期限付き移籍にて加入する事が内定。

メディカルチェック後、正式契約となり、2月4日からの鹿児島トレーニングキャンプよりチームに合流予定。

1月15日に横浜Mを契約満了で退団しているので、「期限付き移籍」の扱いに疑問が残るが...。

とは言え、対戦相手に回すと厄介なFWだけに、対戦する際には要注意となるだろう。

また、京都は昨季チーム得点王でスーパーサブのFW原一樹が北九州へ移籍。FW三平和司、宮吉拓実、有田光希と若い選手はいるものの、FWとしては物足りない。更に、FWアレッサンドロの実力も未知数。

悲願のJ1昇格を目指す上で、絶対的なエースが不在なだけに最良の補強となった。

MF井手口正昭、横浜FC香港へ期限付き移籍

【LINK】
/Yokohama FC
2014年1月28日 18時00分 井手口正昭選手 横浜FC香港へ期限付き移籍のお知らせ

/Yokohama FC Hong Kong
2014年01月20日(月) 原田慎太郎選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ
2014年01月28日(火) 井手口正昭選手 横浜FC香港へ期限付き移籍のお知らせ


28日、MF井手口正昭が横浜FC香港への期限付き移籍を発表。なお、期限付き移籍期間は2014年2月1日~2014年5月31日の4ヵ月間。

また、デイトン・ダッチ・ライオンズFC(USA)より期限付き移籍で横浜FC香港に加入しているMF原田慎太郎の期限付き移籍期間が1月31日に満了し、退団する事が20日に発表された。


MF 井手口 正昭(Masaaki IDEGUCHI)
■生年月日:1988年8月10日(25歳)
■身長/体重:173cm/68kg
■出身地:福岡県
■チーム歴:板付ウイング-わかばFC-東福岡高等学校-阪南大学-横浜FC(2011-2013)-横浜FC香港(2014.2-2014.5 ※期限付き移籍)
22 Masaaki IDEGUCHI

■出場記録:J2リーグ戦 22試合0得点/天皇杯 3試合0得点
■コメント:今回、横浜FC香港に期限付き移籍することになりました。
この移籍に関わってくれた人に感謝の気持ちをもって、成長できるようにしっかりと頑張りたいと思います。


香港リーグが5月までの開催の為、短期のレンタル移籍となった。

また、横浜FC香港では原田、梁子成と退団するだけに、1部残留を確実なものにするためにも中盤の補強は急務。

出場機会を求めての移籍だけに、この機会を如何に活かすかは本人次第だろう。

浦項スティーラーズFW朴成鎬、完全移籍加入

【LINK】
/Yokohama FC
2014年1月28日 11時00分 パクソンホ選手 浦項スティーラーズより完全移籍加入のお知らせ


28日、浦項スティーラーズFW朴成鎬(パク・ソンホ)の完全移籍加入を発表。背番号は「39」。

2010年7月に大田シチズンよりベガルタ仙台へ期限付き移籍で加入。リーグ戦9試合出場1得点と力を発揮出来ず、同年12月に契約満了となり、大田シチズンに復帰。

2012年、浦項スティーラースへ移籍した。


FW No.39 朴 成鎬(PARK Sung Ho)
■生年月日:1982年7月27日(31歳)
■身長/体重:191cm/85kg
■国籍:大韓民国
■チーム歴:万寿中学校-富平高等学校-安養LG(2001-2003 ※現:FCソウル)-警察庁サッカー部(2004-2005 ※兵役)-釜山アイパーク(2006-2007)-大田シチズン(2008-2010.6)-ベガルタ仙台(2010.7-2010.12 ※期限付き移籍)-大田シチズン(2011)-浦項スティーラーズ(2012-2013)-横浜FC(2014-)
■Jリーグ出場記録:J1リーグ戦 9試合1得点/カップ戦 2試合0得点/天皇杯 1試合0得点
■コメント:浦項スティーラーズから加入することになりましたパクソンホです。
また日本でプレーすることができ光栄です。
横浜FCの目標を達成するために全力を尽くします。応援よろしくお願いします。

朴成鎬
(2010.7.13 ベガルタ仙台、入団記者会見)


約4シーズンぶりとなるJ復帰。

実力や能力は未知数。Kリーグでのリーグ戦やカップ戦の個人成績の通算181試合40得点とFWとしては物足りない成績。

191cmの長身を活かして、空中戦に活路を見い出すか。

2014シーズン、キャプテン決定

【LINK】
/Yokohama FC
2014年1月27日 16時00分 2014シーズン横浜FCキャプテン決定のお知らせ


27日、2014シーズンのキャプテンにMF寺田紳一、副キャプテンにMF松下年宏とMFドウグラスが就任する。


■キャプテン
MF No.10 寺田 紳一
40 Shinichi TERADA
○コメント:大先輩がたくさんいる中で「自分がキャプテンでいいのかな」というのが正直な気持ちですが、色々考えキャプテンに指名してくれた監督の期待に応え、自分に欠けているキャプテンシーを今年一年しっかりつけて、成長したいと思い、キャプテンをすることにしました。
年齢的にも、チームでは中堅なので、若手と先輩達をつなぎ、長いシーズンいろんなことがあると思いますが、チームが昇格という目標に向かってどんな時もひとつになり、進んで行けるように頑張りたいと思います。

■副キャプテン
MF No.24 松下 年宏
○コメント:今年、副キャプテンをすることになりました。
J1昇格するためには、チームがいかにコレクティブに闘っていくかが、大事だと思ってます。
いい雰囲気で、今シーズン闘えるように寺田キャプテンを支えながら頑張りますのでよろしくお願いします。

DF No.4 ドウグラス
○コメント:チームが機能するよう、キャプテンを支え、J1昇格に向けて全力を注ぎたいと思います。

モンテディオ山形DF堀之内聖、現役引退

【LINK】
/Montedio Yamagata
2014年1月25日 堀之内聖選手引退のお知らせ

/Urawa Red Diamonds
14.01.25 堀之内 聖氏がクラブスタッフに

25日、山形DF堀之内聖が2013シーズンで現役を引退する事を発表した。

今後は浦和レッズクラブスタッフの一員に。2月1日より事業本部パートナー営業部配属となり、クラブ運営に携わっていく。


2012年に浦和から横浜FCへ移籍し、リーグ戦22試合に出場。

2013年には山形へ移籍し、30試合出場した。

24 Satoshi HORINOUCHI
2012シーズンのプロフィールより(横浜FC公式HPより引用)

■コメント:「2013年シーズンを持ちまして、新たな道として、浦和レッズのクラブスタッフとして歩む事になりました。一年間でしたが、モンテディオ山形に来ることができ、たくさんの方々に出会い、有意義なひとときを過ごす事ができました。みなさんとの出会いが今の僕を作り、そしてこれからの僕の支えになります。残念ながら昇格という目標を果たせませんでしたが、きっと今年のチームがその目標を叶えてくれると思います。サポーターのみなさん、これからもモンテディオ山形を、僕の大切な仲間達を、よろしくお願いします。そして本当にありがとうございました」



DF森本良、SC相模原へ期限付き移籍

【LINK】
/Yokohama FC
2014年1月25日 13時00分 森本良選手 SC相模原へ期限付き移籍のお知らせ

/SC Sagamihara
01月25日(土) 森本良選手 期限付き移籍加入のお知らせ


25日、DF森本良がSC相模原へ期限付き移籍する事を発表。

なお、期限付き移籍期間は2014年2月1日~2015年1月31日。


DF 森本 良(Tsukasa MORIMOTO)
■生年月日:1988年6月24日(25歳)
■身長/体重:177cm/73kg
■出身地:愛知県
■チーム歴:名古屋FC-名古屋グランパスJrユース-名古屋グランパスU-18-中京大学(※2010年 サガン鳥栖:JFA・Jリーグ特別指定選手)-横浜FC(2011-2013)-SC相模原(2014- ※期限付き移籍)
28 Tsukasa MORIMOTO
■出場記録:J2リーグ戦 52試合4得点/天皇杯 0試合0得点
■コメント:SC相模原に期限付き移籍することになりました。新天地で新たな気持ちでまた成長できるよう頑張ります。


昨季は野上結貴や森下俊の起用があり、大幅に出場機会が激減。

また、SBなど本職であるCBでの起用も少なくなっていた。

とは言え、まだ成長過程の選手。

最終ラインからのビルドアップやコーチングにも定評があるだけに、新天地で更なる経験を積み、ブレイクしてほしい。

DFペ・スンジン、仁川ユナイテッドFC(韓国)へ完全移籍

【LINK】
/Yokohama FC
2014年1月24日 14時00分 ペ スンジン選手 仁川ユナイテッドFC(韓国)へ完全移籍のお知らせ


24日、DF裴乗振が仁川ユナイテッドFCへ完全移籍する事を発表。


DF 裴 乗振(BAE Seung Jin)
■生年月日:1987年11月3日(26歳)
■国籍:大韓民国
■身長/体重:182cm/74kg
■チーム歴:蔚山大学-横浜FC(2007.5-2007.12)-ザスパ草津(2008 ※期限付き移籍)-徳島ヴォルティス(2009-2011)-横浜FC(2012-2013)-仁川ユナイテッドFC(2014-)
04 BAE Seung Jin
■出場記録:J1リーグ 0試合0得点/J2リーグ戦 185試合9得点/天皇杯 8試合0得点
■コメント:2014年から 新しく仁川(インチョン)ユナイテッドに完全移籍することになりました。
日本で学び、感じることができたすべてをKリーグで発揮して、より一層成長した姿を日本のファンに見せれるように頑張ります。


蔚山大学(韓国)を経て、2007年5月に当時J1の横浜FCに入団したが、出場機会を得る事が出来なかった。

2008年に、ザスパ草津へ期限付き移籍。

2009年に徳島ヴォルティスへ移籍。右SBで主力に定着し、プレーに幅が広がった。

そして、2012年に4年ぶり横浜FCへ復帰し、2シーズンに渡り、守備の要として横浜FCの最終ラインを支えていた。

2014年も残留で基本合意していたが、新体制記者会見で北川浩史・横浜FC代表取締役社長の『チーム方針についての説明』で、

「ペ・スンジン選手につきましては、兵役で2014年は韓国のリーグに戻らなければいけないという前提で昨年契約しておりました。しかし、昨年の11月に本人からの申し出で、2014年も横浜FCでやれるようになったと嬉しい報告がありまして、その時は2014シーズンも横浜FCでプレーすることで合意していました。しかしながら、昨年末にペ・スンジン選手が本国に帰国して改めて確認したところ、韓国に戻らなければいけないという報告がありました。この問題としてはクラブとして解決できないものですから、Kリーグに移籍することになりました。」(一部抜粋)

と経緯が明らかになり、無念の退団となった。

事情が事情だけに致し方ないとは言え、レンタルの選択肢が無かったのは非常に残念。

年代別の韓国代表経験者でもあるので、今後は世界の舞台でその勇姿を見せてほしいし、日本でのプレーを今後に活かしてほしい。

トクホのボス

【LINK】
/SUNTORY
特集 ボス グリーン BOSS(ボス) サントリー


昨日から発売開始となった「トクホのボス」ことBOSS GREEN。


ヘルシアコーヒーしか飲んだ事がないので、早速飲んでみる事に。


boss green


ヘルシアとは違って、苦みが少ない分、飲みやすいかと。


また、ヘルシアより安いので、買いやすいかもしれない。


あくまでも個人の感想なので、あしからず。
blogram投票ボタン
Article Search
Comment
2016 Seazon SLOGAN
fight-together-282x300
RESPECT F.C. JAPAN
respect_logo
 JAPAN
yama (sonica8281) on Twitter
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
Tag Cloud
QR Code
QRコード

ジオターゲティング

ジオターゲティング


Firefox3 Meter
Chrome Counter
FMbanner
  • ライブドアブログ